親子で富士登山


娘(小学校5年)と富士山に登る事にした
今年(2004年)頂上まで行けるかもしれないし来年以降に持ち越すかもしれないが とにかくやってみる


2004年7月

娘と登ってきました

今回の富士登山の記録です


2004/07/26

工事中
5:00ごろ 大雨の音が聞こえる
6:20 起床 7:00までに朝食を食べてチェックアウトしなければならない 荷物を整理して弁当を受け取り食堂で食べた 雨がやむ気配もないのでここまでとし下山する事にする
7:05 カッパを着て出発
7:39 元祖7合目 トイレに寄る
8:15 新7合目
8:51 6合目
9:06 新5合目着
 ずっと雨が降っていた
 荷物を車に置いてお土産を買った
9:47 新5合目駐車場発
西富士湯ランド「仙人の湯」に入って帰った

2004/07/25

工事中
6:34 自宅発 菊川IC−富士IC
9:13 富士宮口着
9:30 新5合目を出る

10:02 6合目 雲海荘着 小休止 10:10 発
11:43 新7合目着 おにぎりを食べた
 雨が降り出し雷も鳴ったのでカッパに着替えて小屋のそばへ避難する 大雨となりなんとマーブルチョコより一回り大きい雹(ひょう)が降り出す これには驚いた 娘の上に覆いかぶさりひたすら耐える そのうち雨脚も弱まってきたのでカッパを着たまま出発
13:40 元祖7合目着 大休止 雨もやんだのでカッパは脱いだ 14:50 発
 娘が息を吸うと胸が痛いと言う 頭も痛くなったりするそうだ 高山病かもしれないので休み休み上った
15:50 8合目着
 娘の体調について8合目にある救護所に行って聞いてみたら やはり高山病かも知れないらしい 明日朝になって何でもないようだったら頂上をめざしてもよいとの事 ここまで来れば明日山頂へいけるかもしれないので泊まる事にする 一泊2食付き 7000円/人
 小屋に入る時に「携帯はマナーモードにして下さい」と言われたのだが 私の持っていたDoCoMoは圏外だった
17:10 夕食 カレーだった 大変美味しかった
19:30 寝る 大き目の布団に2人 割とゆったりだった
20:00 消灯




長男(小学校2年)と富士山に登る事にした
今年(99年)頂上まで行けるかもしれないし来年以降に持ち越すかもしれないが とにかくやってみる


99年8月

息子と登ってきました

今回の富士登山の記録です


99/08/23




4:00 起床
4:20 朝食 のりとふりかけとごはんと味噌汁
4:45 宿発
 息子は平らな所や下りだと楽に歩いている様子だが 登りになると苦しそうである 何度も休憩をし酸素を吸った
5:00 御来光を拝む
 お鉢巡りをして再び剣が峰へ向かう 3776mの碑のすぐ下(あと階段10〜20段か?)まで来た時に息子が「ウン○がしたい」と言い出した 一刻をあらそう様子だったので頂上へは行かず素通りし 昨晩泊まった山小屋の脇のトイレへ駆け込む 非常に残念だったがしかたがない
6:40 トイレ
7:00 下山開始
 息子は下山では杖を使わなかった 変わりに役立ったのは子供用軍手であった
7:20 9合5勺着 7:25 発
7:40 9合目着 7:45 発
8:05 8合目着 8:20 発
8:40 元祖7合目着 8:45 発
9:05 新7合目着
9:50 新6合目着 9:55 発
10:10 新5合目着
 天気が良く頂上のレーダーが近くに見えた
 車に戻って着替え 等
10:30 駐車場発

細かい内容は別に書きます 富士登山記(9908)

99/08/22




6:30 自宅発 菊川IC−富士IC 富士宮口へ向かう
9:30 新五合目着 少し下の駐車場へ何とか入った
 高度に慣らす為 ゆっくり準備をする
10:00 出発
10:10 新五合目
11:30 新7合目着  おにぎりを食べた 11:50 発
12:40 元祖7合目着 12:55 発
13:45 8合目着 14:20 発
 息子が口の中が苦いと言い出す 雲を食べたからだそうだ 高山病だろうか
酸素を吸いたいと言うので「50回しか使えないんだよ」と言って酸素缶を渡すと3口吸って「もういい」と言った
15:00 9合目着 15:20 発
 ここでも酸素を2口吸った しかしそれ以降頂上まで酸素缶は使わなかった
16:00 9合5勺着 16:20 発
17:10 山頂奥宮着 気温8度 風が強く大変寒い
 山頂小屋へ泊まる事にする
 一泊2食付き 7000円/人
17:30 夕食 暖かい味噌汁がありがたい
18:10 宿に荷物を置いて剣が峰へ
18:25 剣が峰(3776m) 着 夕日が沈む所だった
 暗くなって来たので宿へ戻る事にする また明日お鉢巡りの途中で寄った時にゆっくりすればよい
18:50 宿着
19:00 寝る 1つの布団に2人 壁際だった
 うとうとするのみ 枕が違うからかなぁ
 息子は熟睡 時々寝返りを打とうとして暴れる

99/08/20


スポーツ用品店で 長さを調節できる子供でも使えそうな杖(2900円)と もしもの時の高山病対策で酸素缶(イワタニ製5100ml 700円)を買った
私は家にある金剛杖(昭和57年の焼き印がある)を使うつもりであるが私が持っていると息子も絶対欲しがるのである 子供に金剛杖はちょっと太いと思うので まぁ買ってやった 短くなるタイプなのでもし使わなければザックに付けて持ち歩けるのも良い
帰ってから杖を買ってやったと言うと非常に喜んでいる その気にさせる事は重要である
酸素缶は今まで使った事は無いのだが半分気休めで買ってみた

99/08/15


子供用の合羽はランドセル対応のビニールのものにした 上下の合羽は子供用でも5000円もするし どうせ何回も使うわけでもない(子供は大きくなってしまうから)のでやめた
雨が降ったら中止 である
子供用の軍手もちょうど良い大きさのものがあったので買っておいた

99/07/26

私は20年前に買ったキャラバンシューズで行こうかと思っていたのだが 見てみるとちょっと古すぎて心配なので G.T.HAWKINSのトレッキングブーツを買ってきた 8800円でゴアテックス製との事
20年近く前に買った合羽もゴアテックス製なのだが未だに超えるものは出てないのだろうか?
子供の合羽も用意しなくては・・・

99/07/03


7月の最後の週を予定していたのだが子供会の旅行の予定が入ってしまったので8月にする
女房が言うには「1999年の7の月はやめた方がいい」らしい

99/06/22


子供は普段から体を動かしているので体力的には心配していない あとは気力と 注意しなければならないのは高山病だろう
私の場合は運動といえばサスケの散歩ぐらいである
最初に富士山に登った時は一応山男のはしくれだったし 二度目の時はジョギングをしていた頃だった 今度が一番きついだろうなぁ

99/05/16


子供のキャラバンシューズを買おうと思い山用品店へ向かった
途中オープンしたての大型靴店があったのでちょっと寄ってみると子供用のコールマンの靴が1900円で売られていた 定価は5500円 「Lightweight Hikers」と書いてある くるぶしまでかくれる靴なのでこれにした




90年に女房と登っている

女房は山登りも初めてだったので高山病の症状が出ていた
頂上で食べたうどんがおいしかったらしいが 私は覚えていない
当分登る気はないらしい

その時のメモより


90/07/23


3:00ごろ起きる 
3:40 発 女房も少し良くなった様だ
4:25 神社前
4:45ごろ 頂上へ 持ってきたコンロでコーヒーを入れた 日の出いまいち
5:10より一周(お鉢巡り)し始める 女房はふらふらしている
8:00ごろ一周し終わった うどん等 早く降りたい様だ
8:50 下山開始
12:20 新五合目に着いた

90/07/22


8:00 自宅発 菊川IC−清水IC
富士スカイラインの途中で止まった所オーバーヒートしてしまった
12:15 富士宮口 新五合目を出る
17:50 九合五勺着 山小屋泊 素泊まり 3600円/人 水 200円/1リットル
女房は 頭痛 嘔吐 食べない
私はサンドイッチ ビール等
うるさい人々がいた うとうとするのみ 少々寝たか? 寒かった




85年にM氏と登っている

私がはじめて登った山は北岳で
その後 穂高・間の岳・槍 等 高い山にいくつか登った後での
残された 最高峰「富士山」への登山 だった

その時のメモより (元気だったなぁ〜)


85/08/14


4:00 起きる あまり眠れなかった 食事
4:30 発 朝日岳へ ご来光 後 一周(お鉢巡り)する
7:03 下山開始
8:03 七合目 砂走りへ
8:28 新五合目着
その後 白糸の滝で食べてあさぎり高原でテニスをして下部町営温泉に入ってから帰った

85/08/13


5:05 自宅発
7:00 富士駅着 M氏(東京から)と待ち合わせ
10:30 新五合目着 駐車場はわりと混んでいたが並んでいた横が空き すかさず入る うどん等
11:00 上りだす
六合五勺を抜かして1軒(山小屋)を30分づつぐらい(休憩込み)で登った 7ピッチ 小休止のみ 3時間30分 なかなかよいが 右足が痛くなった 危ない所は無い 楽でした
14:30 頂上着 うだうだ
16:00発 → 山頂 → 測候所等
頂上で裸足にサンダルで コーヒーカップでコーヒーを飲んでいる人がいた 測候所の人だった 測候所の中を見せてくれた レーダーが回っていなければレーダーの中も見せて貰えたらしい
アマチュア無線のカードを貰った
17:30 食事  山小屋泊 1泊2食付 4500円/人





ホームへ戻る | その他