雨水2号




女房の実家に行った時に雨水利用の話をしたらなんだか関心がある様だった ホームセンターで雨水利用の為のポンプ?を売っているとの事 実家のある静岡県磐田市では補助金が出るそうである
実家は元農家なので農薬散布用のタンクが残ってないか聞いてみた 家には無いが貰えるかもとの事 2〜3日して貰える事が分かったので貰ってきた

300リットル用のタンクだった 今度は裏庭に設置するつもりなので予定の場所に置いてみた 大きい!! 排出口も付いているが下の方に付いているのでなるべくゴミが入らない様にする工夫が必要だろう

サスケの散歩をしている時に近所の家の裏にほったらかしになっているタンクを見つけたので譲ってもらえないかと聞いた所くれるという 持って帰ってみると手ごろな大きさだった

300リットルタンクの前に置いて沈殿槽?用のタンクとして使ってみようかと思っている

前回作ったタンクは使い勝手はいいのだが 雨水が一杯になっても1.5日分ぐらいしかないそうなのでこちらももう少しなんとかしたい

(00/09/20)
                   続く


雨樋から網戸の網が張ってある蓋を通って灰色のタンク(沈殿槽)に雨水が入る 左の青いホースの所まで水が溜まると黄色いタンクに移り 両方のタンクの水が右の青いホースの高さまで来ると雨樋に排出されるという仕組みを作った
今回の屋根は25平方mぐらいあるので10mmの雨が降ると250リットルの雨水が集まる計算になる
タンクの総貯水量は350リットルはあるだろう 但し使えるのは300リットル しかしこれなら一度一杯になれば次の雨まで無くならないかも知れない


今回の制作費は : 軽量ブロック 2000円 / 雨樋エルボ 600円 / ストレートボールバルブ 1400円 / 塩ビ(継ぎ手?) 600円 / パッキン 200円 / ホース 200円 : 合計 5000円ぐらいだった

水が多い時は両方のタンクをつなぐホースに
水が入っている事になるので凍結も心配である ふ〜ゆ〜が〜来る前〜に〜・・・(゚o゜)\バキ
何か手を打たなければならないのだろうか


(00/10/01)
                   続く

5回雨が降った所でタンクがいっぱいになった 初期雨水が5回入った事になるが黄色いタンクの水はとてもきれいで飲めそうなぐらいだ 底にゴミもたまっていない 沈殿槽の効果だろう

1回目の雨で100リットルぐらいたまっていたが今回一杯になるまで庭の水撒きに水道の水を使う事はなかったそうだ 雨水1号と合わせると使用可能な雨水が350リットルたまっている事になるが 夏と違ってあまり水をかける必要も無くなっているそうなので 真価が問われるのは来年の夏かもしれない

(00/10/14)                   
続く

何とか順調に水撒きに使われている様
どの位の節約になっているのか計算してみる
朝夕で50リットルとすると1リットルあたり0.12円なので1日あたり6円の節約となり
月に25日水撒きをすると
1ヶ月で150円の節約となる

なんだか思っていたほどの効果はないようだが
我が家でも節約についての良い例となる訳だし
いろいろなHPを
参考に見ていたらエコロジーについても勉強になった

製作には7600円かかっているので元をとるのには4年ほどかかる

                             (00/10/23)

雨水が過去最低の70リットルになってしま
った ここまで水道の水を使う事は
無かったそうなのでなかなか役に立っているらしい


                             (01/01/07)

その後たびたび雨水がなくなる様になってしまった
雨が少ないのと植木鉢が増えたのが原因だと思う
そろそろ雨水3号を考えている

                             (01/06/07)






ホームへ戻る | その他 | 雨水利用システム