※営業時間
 8:30〜17:00
 休業日は土・日・祝日
【ゴールデンウィークは営業中】



深蒸し茶とは?





日本茶(緑茶)は摘んだ茶葉をその日のうちに 荒茶工場へ運ばれ荒茶に加工されます。

荒茶工場ではまず 高温の蒸気で蒸して葉に熱を加えることで 生葉の酵素を失活させ
発酵を止め 美しい緑水色のお茶になるようにします。

また この蒸し行程では生葉に含まれる余分な青臭を除去し 茶葉の柔軟性を増加させるなど
茶の品質を左右させるとても大切な行程の一つです。

深蒸し茶は 「蒸し行程」において通常のお茶よりも長く蒸すことで 茶葉の芯部まで熱を通し
濃厚で甘く深い味わいのお茶になります。








深く蒸された茶葉は柔らかくなり、細かく粉の多い煎茶に仕上がります。
その為 味はまろやかでコクのある旨みと、深みのある芳醇な香りが特徴です。

急須で淹れてお茶を飲む場合、お湯や水に溶けにくい お茶の成分を多く含んだ粉がより多く湯飲みに
注がれるため カテキン・テアニン・ビタミンCなどとともに、食物繊維やミネラルなどの成分も より多く
飲むことが出来るのです。

深蒸し茶には、カテキンの他に βカロテンビタミンE、クロロフィルなどの
成分が豊富に含まれています。