石 笛 と は

Stone whistles
               
                     
made by nature


石笛(いわぶえ)は穴の明いた自然石で、自然界が創り出した奇跡の産物です。
  古来不思議なものには不思議な力が宿り、その神秘に満ちた音は«音霊»を司
  って物事を変化させたり動かしたりする力が在るとされていました。


穴の明き方により、二種類に分類されます。


     (1)穴が単独で、貫通していないもの。 [非貫通型] 
     (2)穴が石を貫いていたり、複数の穴が石の中でつながりあって貫通し、
       歌口(吹き穴)と指穴を持つもの。 [貫通型]


音色・音量・音程・音域などは、


     (1)石質組成密度・表面粒子の粗密度・硬さ
     (2)穴の深さ
     (3)穴径の大小
     (4)吹き穴壁の角度や形状


  などの条件により千差万別で、この世に二つと同じ物が存在することは在りませ
  ん。百個の石笛があれば、そこには百の個性と表現力と味わいが存在します。


採集条件は、宝石と同じで、手順は以下の通りです・・・・・・[瀬川の定義]


     (1)外観・色・姿・形[希少性・美しさ・神秘性]
     (2)材質[希少性・美しさ・耐久性]
     (3)耐久性(泥岩・凝灰岩などは吹いている最中に割れるものが多い)
     (4)楽器としての性能[鳴りの良さ・音量・音域・表現力・安定性など]


使用法は大きく二つに分かれます。


     (1)効果音 [音霊・即興・etc.・・・、神秘的な音で雰囲気を創る]
        *音域が半オクターブ以下の狭さのものでも十分可
        *1オクターブ以上の音域のものならば文句無し


     (2)楽器  [楽曲として再現・伝承され続ける、明瞭な旋律を奏でる]
        *演奏表現の安定性、即ち、同じ曲を100回演奏して、限りなく100
          回に近く理想的演奏表現・音楽表現が繰り返し同レベルで出来
          るもの。
        *原則として1オクターブ以上の音域のもののみを対象とし、採集現場
          に於ける私の鑑定基準は、
          @非貫通型・・・・シューベルトのアヴェ・マリアが演奏できること。
          A貫通型・・・・・・瀬川良夫作曲「天平徐雅」が演奏できること。


        但し、伝承曲が存在しない為、演奏曲は


          @演奏可能な音域の曲を借用する。
          A作曲する。
          B即興演奏する。


今から約1万2千年前に出現し、日本全国に約十万箇所も存在すると言われ
  る縄文遺跡の中でも、«石笛»は今から約五千年前の縄文時代中期以降の遺
  跡(鹿児島県・熊本県・奈良県・岐阜県〜北海道、その中でも特に関東・東北
  地方に多い)から数少ない出土例があるのみです。


これらは«音霊:おとだま»として森羅万象・八百万(やおよろず)の神々に狩猟採
  集の許諾、安全と豊穣豊猟(漁)の祈りと感謝、諸々の儀式で神霊を呼び迎え
  る為に、極限られた人(村長:むらおさやシャーマン的な人物)が自然界から授か
  った«神器»と言えましょう。
  そして、その神妙且つ神秘なる響きは人々をトランス状態に導いたり、異常興奮・
  幻覚・神憑りを起こさせたり、眠りに導いたり、時として病をも癒したことでしょう・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・  そしてまた 、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   と言うのも、私の演奏に於いても、実はずーっと以前から前述現象はもとより、
  それ以外にも、演奏している私の周囲50p以内と思われる背後や側面の空間
  で鳴り響くピシッ、パシッ、バキッと言う大きな音のラップ現象・憑依現象その他を
  始めとする不思議な現象が多々起きています・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


そして、石笛使用法の伝承事例を唯一現在に伝えているのが古神道の«帰神
  法»で、これは神霊を呼び迎えて神主に神を憑らせる一種の降霊術とも言えるも
  のです。


      @侍座者が石笛を吹いて神主(憑代)をトランス状態に導き、神霊を
        呼び迎えて神主に憑依させ
      A審神者(さにわ)が神の正邪を見極め
      B神主を介して神の託宣を受ける

  しかし、現在ではその危険性からか、一部の神道系流派が行っているのみのよう
  です。


              


                          
           
     メール            戻る

            
  Copyright (c) 2001,Yoshio Segawa

              このホームページの無断使用・無断転用・部分転用を固く禁じます。

                             (著作権法の遵守を)