WELCOME

ようこそ「私のモノクロ写真帖」のホームページへ!

ボタンをクリックして INDEXのページへどうぞ

昨年暮れに、びっくりするくらい大きな結石を体外排出し、
その後はすこぶる体調が良かったのだが、
先月中旬から、また腎臓か尿路か、いずれかの結石の鈍痛に悩まされている。
40代で二度、結石由来の激痛に襲われて病院のご厄介になった。
その後は痛みの予兆に対応するコツのようなものを身につけて、
鈍痛が始まると、走ったり、ピョンピョンとジャンプしたり、
柔軟体操をしたり・・・で、20年以上をなんとかしのいでいる。
父親もかつて、結石で苦しんだことがあるから、明らかに血筋なのだろう。
生まれついての貧乏性で、何でも捨てられない性分だから
シュウ酸カルシウムなどという厄介な老廃物まで体内に溜め込んでしまうのか。
で、今回の痛みは、腰痛というよりも左臀部に鈍痛が押し寄せる。
とくに直立の姿勢だと、2〜3分で堪えられなくなるのが辛い。
念のため医者で診てもらったが、画像に映るほどの大きさじゃないから
しばらく様子みましょう・・・・・・とのこと。しかし、石の痛みは大きさじゃないんだよなぁ。
いろいろと忙しく楽しくなる7月〜8月、早く石を産み落として
すっきりと過ごしたいものである。
ところで、今月のトップ写真は、その40代の激痛轟沈時のひとコマ。