WELCOME

ようこそ「私のモノクロ写真帖」のホームページへ!

ボタンをクリックして INDEXのページへどうぞ

アパートの窓から見える早咲きの白梅は早くも満開。
この地に居着いてすでに15年目の冬、ほどなく寒が明ければ春も近い。
転居してこのかた乗り続けてきたクルマから、先日新しいクルマに換えた。
これまでの乗り慣れた「日産キューブ」は、デザインが気に入っていたし、使い勝手がよく、
燃費も悪くないので、もっと乗り続けたかったのだが、何しろ所有者同様に高齢化が進み、
バンパーの留め具が劣化して丸ごと外れてしまったり、冷却水のサーモスタットが機能不全に陥って、
その場しのぎに弁を外してもらったりして無理やり乗り続けてきた。
エンジンが温まらないので、この冬は暖房が効かない状態での運転を余儀なくされた。
そんなこんなで、ちょうど次の車検の期日も迫ってきたため、思い切って乗り換えることにした次第である。
貧乏人のクルマだから、低予算必定、車種不問・・・・とは思ったものの、とりあえずネットでクルマ探し。
身の丈に合い、デザインもシンプルということで・・・・ダイハツメイド・トヨタのPASSOという、
国産小型車の中で最もプライスゾーンの低いモデルに決めた。
今まで乗ったクルマは白とかシルバーだったから、今度のボディカラーはおしゃれな(?)グリーン。
1000ccという小排気量、かつ最低限の装備ではあるが、老人には心強いスマートアシスト付き。
USBに入れたデジタル音源をCDラジオに挿して聴けるのがうれしい。
燃費も良さそうだし。思った以上にコストパフォーマンスはいいようである。
初めてトヨタ系の販売店にお世話になったのだけれど、気持ちのいい若手営業さんに丁寧に対応いただき、
軽自動車並みの価格で、いい乗り換えができたと満足している。
23歳頃からクルマに乗り始めてちょうど40年。今度のクルマがたぶん7台目。
この先も安全に無事故で、次の8台目乗り換えくらいまでは
何とか、自分でクルマくらいは運転できる身体でいたいものだ。