■ 監理者の不在
     
    建築基準法では、建築主に対して一定規模以上の建築物には監理者(有資格者)を置く事を義務付け
   ています。

   この監理者は現場監督とは違い工事内容が図面と食い違いが無いか、また正しい施工がされて
   いるかを建築主に替わって監理・検査し、建築主とは監理契約を結びます。

   設計及び施工が同一業者の場合、この監理者を現場監督が兼ねている場合が多く、中には監理費
   サービスと見積書に記載する会社もあります。

   実際に監理者が監理していないのですから無料で当然であり、サービスではなく「監理はしない」と記載する
   べきでしょう。

   多くの場合、現場監督が監理者を兼ねるのですから、正しく検査されるかは疑問です。
   また、住宅レベルの現場には無資格で建築の実務経験も無い現場監督も中にはいます。

   監理者が監理を怠る事は違法行為です。


 

  欠陥住宅へ    戻る   次へ    Home